ソラシドエアの2021年上期ダイヤについて

ソラシドエアの2021年上期ダイヤ発表

1月26日(月)にソラシドエアの2021年上期ダイヤ(2021年3月28日から10月30日)が発表されました。 羽田~宮崎/鹿児島線などを減便する一方で羽田~那覇(沖縄)線を新規開設し、収益性や生産性の向上を図るとのことです。
上期ダイヤの対象期間は、3月28日から10月30日までとなります。

羽田空港線

沖縄路線のネットワークを拡充し、スカイマークと競合する羽田~那覇(沖縄)線に新たに1日3往復で就航します。
羽田~宮崎線を1日8往復から6往復に、羽田~鹿児島線を1日5往復から4往復に減便してその分の発着枠を振り分ける形になります。
羽田~鹿児島線に関してはスカイマークも2021年上期ダイヤから減便となります。

羽田空港以外の路線

羽田線以外の、沖縄線のネットワークも拡充され、那覇(沖縄)~石垣線は1日1往復から3往復に増便されます。
福岡-沖縄(那覇)線については、別途調整中で、後日改めて発表するとのことです。

羽田空港以外で減便となるのは3路線3往復6便となっています。

東京(羽田)~ 宮 崎 6往復/日← 8往復/日
名古屋(中部)~沖縄(那覇) 1← 2往復/日
名古屋(中部)~宮崎 1往復/日← 2往復/日
名古屋(中部)~鹿児島 1往復/日← 2往復/日

名古屋(中部)~鹿児島は、スカイマークは2往復維持となっています。

タイトルとURLをコピーしました